こうずい17

17号

2016・1・1刊 B5判無線綴じ112頁 定価本体1000円+税

 

小特集1 オルフェウス 詩人と死

シナリオ詩
嶋岡晨「オルフェ復活」

インタビュー 
神品芳夫「リルケの「死の空間」」 聞き手=池田康

論考
野村喜和夫「ツェラン、石原、オルフェウス……」

講演録
國峰照子「原口統三と橋本一明」

エッセイ
池田康「全一の対話の可能性」

 

小特集2 ジャズへ一歩

論考
北川朱実「アフリカの打楽器のごとく、」
鈴木治行「〈即興演奏〉というあり方」
萩原健次郎「ジャズ失恋記」
山田兼士「谷川俊太郎とジャズの話」
四釜裕子「ぼくにとって大切なことはいつも〈セッション〉の ことである。」
池田康「ひとつの根から多彩な花」

 

spiralvews瀧口修造残像3拾遺

馬場駿吉「方寸のポテンシャル」10
空閑俊憲「瀧口修造の温もり」

 

詩作品

巻頭詩

佐川亜紀/高木秋尾/結城文/竹内美智代/紺野とも/永澤康太

VERSE BEYOND

イリヤ・クーチク、たなかあきみつ訳 《ケリー・ネイシン》

Poetry Storehouse

有働薫 プローズ 馬への

 

散文

新連載

森山恵 オペラでシェイクスピア!「ロミオとジュリエット」

連載

佐藤聰明 音の瞑想2「死のはざまに」
井上郷子 蔦に鳥、花に蝶、音楽に……7「平石博一」
松尾真由美の占星術研究所4
小野原教子 詩と音楽と倫敦・番外編「歌をわたしに、歌をあなたに。」

論&文

神泉薫 かなしみの朝露
吉田義昭 邦楽器とともに 『月に遊ぶ』という歌を作詞して

書評

新実徳英著『合唱っていいな!』(田中健太郎)

雲遊泥泳

蝦名泰洋/柴田千晶/南川優子/津田於斗彦