こうずい20

20号

2017・7・1刊 B5判無線綴じ136頁 定価本体1000円+税

 

特集 歌が深淵にとよむとき

インタビュー 
及川恒平「文学から出発する歌」
伊藤弘之「独自の音楽の方法を求めて」
中川俊郎「音楽の深淵のとよみ」
會田瑞樹「大震災がもたらした果敢さ」
黒崎八重子「ピアノは主、交差点としてのホール」

エッセイ
大田美和/須永紀子/有働 薫/山中真知子/日原正彦/森山 恵/八重洋一郎/小島きみ子/中本道代/宇佐美孝二/一色真理/望月苑巳/田中修一/長谷川 忍/松原道剛/伊左治 直/吉村七重/佐川亜紀/渡辺みえこ/岬 多可子/伊武トーマ/萩原健次郎/瀬崎 祐/渡辺玄英/高階杞一/林 浩平/江夏名枝/浜江順子/野木京子/細見和之/船越素子/南川優子/渡辺めぐみ/八木忠栄/野田新五/金井雄二/廿楽順治/二条千河/永澤康太/蝦名泰洋/野樹かずみ/佐々木朝子/北川朱実/沢 聖子/岩崎美弥子/池田康


渡邊十絲子/小笠原鳥類/柏木麻里/颯木あやこ/野崎有以

 

 

spiralvewsシュルレアリスムの周辺

平川綾真智「「シュルレアリスム」と音楽の決裂」3

 

詩作品

巻頭詩

財部鳥子/葵生川 玲/ぱくきょんみ/大家正志/ほしおさなえ/高梁静穂

短歌

久保田幸枝

VERSE BEYOND

アンドレイ・セン=セニコーフ、たなかあきみつ訳 《ZZAJ》

poetry STOREHOUSE

伊武トーマ/池田康

 

散文

連載

佐藤聰明 音の瞑想5「言葉と呪文」
嶋岡晨 詩生活ノート9
井上郷子 蔦に鳥、花に蝶、音楽に……10「木下正道」
小野原教子 詩と音楽と、倫敦。番外編

論&文

吉田義昭 「トゥー・ヤング」を歌った頃
神泉薫 レモン色の車輪に乗る、薔薇の人
玉城入野 炎のごとく、その異様なる美しさ
海埜今日子 うつしみとうつせみがであう場所で、また会いましょう。

書評

嶋岡晨編『詩国八十八ヵ所めぐり』(野村喜和夫、城戸朱理)
高梁静穂詩集『青の空』(大石ともみ)

雲遊泥泳

蝦名泰洋/柴田千晶/南川優子/南原充士/津田於斗彦