詩や音楽やその他諸々のよしなしごとをつづる
洪水ブログ雑記帳

上の文字をクリックして下さい

 

 

編集メモ

18号(2016.7.1発行)

雑誌の編集は、号によって、スムーズにいく場合と、なかなか思い通りにいかない場合とがあるが、今回は後者だった。結果的にそこそこまとまったように見えるが、ここに至るまでが紆余曲折だった。四人の方にインタビューさせていただいたが、それぞれに準備・実施・仕上げのどこかで一筋縄ではいかぬ要素があり、百の難関を突破して一冊成る、といったかんじだ。

福島さんのインタビューではお話を一通り聞き終わったあとに店の前で写真撮影をしたのだが、公園でも撮ろうかということで、ライブハウス曼荼羅から井の頭公園まで一緒に散歩したことが思い出深い。四月上旬のことでまだ花も残っていて、花見客もたくさん歩いていた。下はそのときの写真。

ふくしまさん

じつは幻のページがある。当初スペースがあいていた1ページに埋め草としてブレヒトの「三文オペラ」の紹介を入れていたのだが最終的にそのページを他の記事で使うことになり、ボツにしたのだ。興味ありましたらご覧下さい(下記リンクから)

幻の三文オペラ紹介記事

今は〈詩人の遠征〉シリーズの新しい巻と新しい詩集、そして短歌誌「ぱにあ」次号の制作をしながら、〈燈台ライブラリ〉の第三巻の構想を練りつつ、新しい詩誌の準備もしているといった状況。かなりせわしい。

(7.28)